RAW と JPG の解像感の違いに気がついた。

金沢での花見の写真を Lightroomで確認していて、「キヤノンのDPP(Digital Photo Professional)でも画像を確認してみよう」と思い表示してみたら、DPPで表示した画像のほうが解像感が高く、綺麗に感じられた。

「Lightroom買うまでもなかったのかも」と思い、検索して簡単に調べてみると、RAWだとぼんやりすることがある?(基本的にボンヤリ?)ということがわかった。

 

実際に、DPPでRAWとJPGを並べてみると、たしかに、RAWのほうが僅かにボンヤリしている感じだった。

DPPでの表示を並べてみたところ 下がRAW 上はJPG

 

LR4でも並べてみるとJPGの方が解像感高かった。

RAWとJPGを並べてみたところ。下がJPG。RAWは少しモヤッとした感じになっている。

 

 

今まで、RAWの方が解像感高いものだと思っていたが、そうでもないと思った。

 

オリンパスのソフトだと、RAWの方が綺麗に表示されてたような気がするが、メーカー?ソフトによって異なるのかもしれない。

 

 

とりあえず、RAWでも、LR4で色々触ってみると、JPGと同じような解像感の高い写真になった。

LR4で表示を並べてみたところ

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です