YouTubeの収益化要件が「過去12か月の総再生時間が4000時間以上」「チャンネル登録者数が1000人以上」に

youtubeの「収益受取り」の画面を見ていたところ、以下の文面がありました。

承認を受けるには、すべてのチャンネルで過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間以上、チャンネル登録者数が 1,000 人以上である必要があります。この要件は、新しいチャンネルを正しく評価し、クリエイター コミュニティを保護するために設けられています。

 

以下のブログにも詳しく書いてありました。

日本版 YouTube クリエイター ブログ: クリエイターを保護するための YouTube パートナー プログラム(YPP) の新たな変更点に関するお知らせ

 

グーグル検索は以下から

すべてのチャンネルで過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間以上 – Google 検索

 

2017 年 4 月の「YouTube パートナー プログラムの参加要件として合計視聴回数が 1 万回以上」という条件はなしにして、今回の条件に厳しくしたというような書き方だと思いました。

条件が追加 ではなく 条件が変わった んでしょうか?

今回の条件に変わったという風に受け止めたいと思います。次のページでも(YouTubeで稼ぐには「過去12か月の総再生時間が4000時間以上」「チャンネル登録者数が1000人以上」を満たす必要あり、とパートナープログラム変更 – GIGAZINE

同プログラムへの参加基準が2018年2月20日から新しく変更されることとなり、「過去12か月の総再生時間が4000時間以上」と「チャンネル登録者数が1000人以上」であることが必要となります。

とあるので、条件が新しくなったみたいです。

 

 

ちょっと気になったのは、「すべてのチャンネル」と記載があるところです。

チャンネルを複数もっていて、あるチャンネル【A】は条件を満たしていても、別のチャンネル【B】は満たしていない場合、チャンネル【A】は【B】の影響を受けて、収益化が有効にならないんでしょうか?

気になるところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です